反転世界に身を委ねて

ポケモン対戦勢のブログ   

S8シングル 1on1テテフグロス 最高2074(52-13) 最終2032

 レート2200が10人以上出たS7とは打って変わってS8は大きく過疎化しましたが、取りあえず皆さんお疲れ様でした。
今季になってダブルを触り始めてテテフグロスという並びの選出画面美に惚れたので、シングルでもこの並びを取り入れることにしました。

 

個体紹介

 

 カプ・テテフ@拘り眼鏡

 
性格:控えめ
努力値:175(236)-×-118(172)-178(92)-136(4)-116(4)
技:サイコキネシス/ムーンフォース/シャドーボール/気合玉

 

最近個体数を伸ばしている特殊ATエース

シャドーボールは受け出しにくるへの打点、

気合玉はといった鋼勢やノーマル勢への強力な打点として採用。

 

メタグロスメタグロスナイト

 
性格:陽気
努力値:159(28)-194(228)-170-×-130-178(252)
技:アイアンヘッド/バレットパンチ/アームハンマー/冷凍パンチ
 

広範囲+先制技を両立したこの4つの技の組を選択。

アムハンはテテフの気合玉と同じく、鋼やノーマルに対する貴重な打点として地震に代わる優秀な技だが、ギルガルドや炎には弱い。

ちなみに、テテフグロスの並びは非常に美しいが、2匹だけの並びとして見て強力かというとそうとも言えない点に注意。

 

ヒートロトム@拘りスカーフ
 
性格:控えめ
努力値:125-×-127-172(252)-128(4)-138(252)
技:オーバーヒート//ボルトチェンジ/目覚めるパワー氷/トリック

 

唯一のS130族最速越え+鋼水への貴重な打点持ち

受けポケモンに刺さるトリックは非常に有効で、これが無かったら勝てない試合も多かった。

 

霊獣ランドロス@地面Z


性格:陽気
努力値:165(4)-197(252)-110-×-100-157(252)
技:地震/撃ち落とす/身代わり/剣の舞
 

珍しい地面Zランドロス

ヒトムを除く4匹で重く、誘い出す等を起点にできる型に決定。この誘導選出戦法が読まれることは一回もなく、幾多のポケモンを剣舞地震&Z地震で葬ってきた。今構築のMVP

受けルに強いのも評価点。

 

ポリゴン2@進化の奇石


特性:ダウンロード
性格:控えめ
努力値:191(244)-×-120(76)-157(140)-121(44)-81(4)
技:トライアタック/冷凍ビーム/シャドーボール/トリックルーム
 

ポリゴン2の中で一番信頼している型であるHCベースダウンロード型

トライアタック・・・一致技で2割の追加効果も望める。Cが上がれば火力はなかなかのもの。

冷凍ビーム・・・に対する安定した打点

シャドーボール・・・に少しでも強くなれる技

 

ミミッキュミミッキュZ


性格:意地っ張り
努力値:161(244)-156(252)-101(4)-×-126(4)-116
技:じゃれつく/影打ち/呪い/トリックルーム

 

トリックルーム持ちミミッキュとして昔から使っている型

呪いにはパーティ全体で苦手な相手を誤魔化せる強みがある。

努力値振りはほぼぶっぱだが、もう少し調整を施すべきであると思った。(少なくともA156はいらない)

 

 

構築について

 

〈完成までの経緯〉

 今期はとにかく時間が無かったので、出来る限り使い慣れているポケモンや戦術を用い、高い勝率を目指せるパーティにすることを意識した。
はコンセプトなので採用。
はボックス内にいた個体をそのまま採用し、眼鏡テテフによる崩し+トリル展開の動きを可能にした。
この4匹では非常に鋼に弱いので、殆どの鋼タイプに対して優位に立ち回れるスカーフを投入。ラストの枠には、同じく鋼に強く、浮いている相手にも打点を持つことができ、低速サイクルや受けループ殺しかつ初見殺し要素枠と至り尽くせりな撃ち落とす剣舞地面Zを入れた。

 

〈選出・立ち回り〉

1:霊獣ランドロスで詰める

 

ランドロスが通せる相手が多い場合の選出方法。ランドロスの有利対面を作り、身代わり剣舞で詰め態勢を整える。

地面技が等倍以上で通るポケモンはもちろん、パーティの面子で誘導されて出てくる等も身代わり撃ち落とす地震でまとめて処理できるのが非常に強い。

地面のケアを浮いているポケモンだけで行っている構築が多く、かなりの試合でこの詰めを狙うことができた。

 

2:トリックルームで詰める

+or()

トリックルームの通りがいい時はこれ。基本的に眼鏡テテフを初手に出し、粗削りを行った後にトリックルールを展開、再度暴れさせる。HPが減ってもサイコフィールドのお陰で下からの先制技で縛られないのが、再展開時に非常に有効である。

テテフを通す上で障害となる鋼は、自身の気合玉やヒトム・ミミッキュの呪いである程度対処が可能。

また、テテフを選出に入れなくても、パーティで重いといった積みポケに対する切り返しとしての手段としてトリックルームは刺さり、後続ので無理矢理処理することができた。

 

3:簡易サイクル

+

といった積みATが相手のパーティにいない上に、1,2の筋が有効でないと判断した場合の選出。

ヒトムのボルトチェンジで有利対面を作り、ランドロスの身代わり・メタグロスの広範囲技・テテフの高火力を駆使して頭数有利を狙う。

何回もサイクルを回せるポケモン達ではないので、出来るだけ早くの決着を狙うために相手の行動の読みを積極的に行う必要があるのが大変だった。


〈重い相手〉
  • ・・・弱点を突けるポケモンランドロスしかいない上に、最速だとランドロスでさえ処理が怪しい。
  • ・・・積まれたらトリルで見るしかない。
  • ・・・こいつの一撃で持って行かれる面子が4/6もいる。めざ氷持ちだとなお厳しい。
  • ・・・ミミッキュの呪いかヒトムのトリック位しか対処法が無い。
  • ・・・リザードンと同じ感覚の重さがある。

 

QRレンタルパーティ

 

雑感 

急いで作り上げたパーティの割には、65戦で勝率8割と結構良い勝率になったのが驚きです。

勝ち筋がはっきりしていることの大切さと共に、強力な選出誘導というものを学べた構築でしたが、重いメジャーポケモンが多く、まだまだ改良が必要だと思いました。

時間のあるシーズンに21,22目指していきます。

SD1-3位独占 <光と化したBoS構築> ポケモンUSUMバトルオブシンオウ

 

ルール発表日

「次のインターネット大会はシンオウ図鑑限定・・・? ルールはシングル!? これは出るしかないな。とりあえずパーティにクレセドランとレジギガスを」

 

SDでのバトルオブシンオウルール解禁

「とりあえずガブリアス主軸でパーティを組んでみよう・・・ おっ、勝てる、楽しい!」 

 

エントリー期間

「おっと、もうそろそろバトルオブシンオウの本番か。メインサブ両方エントリーしておかないと。SDだけだと不安だから、バトルオブシンオウルールの仲間大会で環境調査+パーティの調整をしておこう。

・・・おっ、実機でも結構勝てる。ただオニゴーリカイリキ―重いなあ。少なくともオニゴーリはもっと対策しておかなければ」

 

大会開催日

「まずサブロムから潜って、そっちの調子が悪ければ本ロムでパーティを流用しよう。さてサブロム・・・あれ、勝率が芳しくない。このままだと1800乗れそうにないぞ・・・ 

仕方がない、サブロムの参加を取り消して本ロムでパーティを使うとしよう。気持ちを切り替えて頑張っていくぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んんっ!?

 

f:id:Katu2ou:20180225214128j:plain

 

 ああ、前回のインターネット大会の終了手続きをしていなかっだけか。チェックインし直せば大丈夫だよな・・・

 

 f:id:Katu2ou:20180225212323j:plain

 

 

チョットマッテPGLカクニンシテクル

 

f:id:Katu2ou:20180225163557p:plain

 

†つみ†

 

                            

構築紹介

パーティ構成プロセス

受け回しの構築は使い慣れていないので、出来るだけ対面構築に寄せていくことにした。

 

1:ガブリアス大好きだから無条件採用

2:参加可能ポケモンリストを眺めたところ、S種族値の最大値が130であることが分かった。非スカーフの相手に対面で確実に上を取ることができ、上からのボルチェンで対面操作ができるスカーフミトムが強いと考えて採用。

3:Zメガ無し環境での奇石枠は間違いなく厄介な存在だと考え、一番使い慣れているポリゴン2を採用。出来るだけ多くの相手に役割を持ちたかったので、HCダウンロードで運用することにした。

4:襷枠として強そうなポケモンを考えたところ、技範囲が広く、KP上位の多くのポケモンに対面で勝つことができるゲンガーを発見。ノーマル格闘及び毒毒に抵抗があり、同タイプ技への無償交代ができたりマッハパンチや神速を透かしたりできるのも強く、採用した。

5:ガブリアス以外の物理ATとして、ガブリアスが苦手とする氷に強く出られ、対面性能も抜群に高いハッサムを採用。不意の炎技が非常に多かったので、オッカの実を持たせた。

6:ここまでの5匹では受けサイクルが非常に重かったので、対策として鉢巻マンムーを採用した。鉢巻地震や地割れで受けを無理矢理崩せるのが強かった。受けサイクルによくいるトゲキッスグライオンにも強い。

 

個体紹介

ガブリアス@ヤチェの実

 

f:id:Katu2ou:20180225211137j:plain

 

特性:鮫肌      性格:陽気

実数値:183-182(252)-115-×-106(4)-169(252)

技:逆鱗/地震/剣の舞/身代わり

 

4-6世代環境の主人公にして頂点。ATとしてのこの数値にはやはり目を見張るものがある。

このルールでは、通りが良くてかつ電気抵抗によりロトムらに強い地面タイプは非常に強く、現レート環境以上に活躍の幅が広い。

威嚇・欠伸・置き土産といった起点化手段や、毒毒や鬼火を回避して逆に起点にしたり、択を減らせる身代わりが強く、上手く使えば剣舞からの逆鱗・地震で抜いていくことができる。

氷打点を持っているポケモンがやたらと多いのでヤチェの実。

対面サイクル積み展開受けル、様々な構築に繰り出せる強さはまさに一級品であると実感した。

 

 

ウォッシュロトム@拘りスカーフ

 

f:id:Katu2ou:20180225211512j:plain

 

特性:浮遊      性格:控えめ

実数値:125-×-127-172(252)-128(4)-138(252)

技:ハイドロポンプ/10万ボルト/ボルトチェンジ/トリック

 

出ていけば何かしら仕事をしていく、今ルール最強格ポケモン

実質実数値207からのボルトチェンジによる対面操作はもちろん強いし、トリックによる詰ませ・最後のお掃除・強力な積みATであるマリルリハッサムのストッパーと、強力な機能をいくつも持っていることが強さに磨きをかけている。

10万ボルトはミトム・マリルリミロカロスを意識して、ボルチェンだと火力が足りないので採用。めざパ氷は打つ相手が少ない上、ガブリアス相手にはドロポン2発で倒せるので必要性が薄く却下。

ドロポンを良く当てる神の子だった。

あと、受けサイクルに投げつけるハピナスが登場したのは多分こいつのせい。

 

 

ポリゴン2@進化の奇石

 

f:id:Katu2ou:20180225211329j:plain

特性:ダウンロード      性格:控えめ

実数値:191(244)-×-124(112)-156(136)-116(4)-82(12)

技:トライアタック/冷凍ビーム/放電/目覚めるパワー炎

 

今までのシングルの構築にはほぼ毎回入っているほど愛用しているHCポリゴン2

ダウンロードでCが上がった時の火力は耐久お化けとは思えない程。

トラアタ・冷b・放電の3つで見れる相手は非常に広く、持ち前の耐久と合わせて積極的に頭数有利を狙いに行けた。

かつてはめざパ炎を切り返しの手段であるトリルにして使っていたが、 ステロを撒かれた後のハッサムが非常に重かったためにやむを得なく変更した。

しかし、仮想敵がユキノオーハッサムしかいない上、確実に処理できるわけでもないので、周りの面子でもう少しハッサムに強くするべきだっただろう。

トラアタで痺れさせるが放電で痺れさせない謎のポケモン。ずっと使っていてもまだまだ分からないことがあるんだなあ

 

 

ゲンガー@気合の襷

f:id:Katu2ou:20180225211758p:plain

 

特性:呪われボディ      性格:臆病

実数値:135-×-81(4)-182(252)-95-178(252)

技:シャドーボール/ヘドロ爆弾/凍える風/エナジーボール

 

今ルールの襷枠としてフーディンと共に最強枠。

このポケモンの強さは主に以下の4つ。

1:とにかく範囲が広い。特にガブリアスの処理を安定したものにでき、かつ自分よりSが高い相手に対しても有効な凍える風、水勢やマンムーへの貴重な打点であるエナジーボールが強い。ヌオーやトリトドンはゲンガーで見られる。

2:S種族値が110もあり、先制技を持たない多くの相手に2発打ち込むことが可能。素ゲンガーの火力はそこまでないが、2発分となると話は別。

3:特性の呪われボディと襷の相性が良い。2回目までに呪われボディが発動する確率は51%、拘っている相手にはこれだけで脅威に。正直浮遊よりも強い気がする。

4:ノーマル格闘及び毒毒耐性が優秀。ポリゴン2にトリックしてトラアタに固定した後に無償交代したり、トリトドンに受け出しして毒毒を透かした後、怪しまれずにエナボで突破したりと、動きの幅が広まる。

呪われボディは強い、マジで。

 

 

ハッサム@オッカの実

f:id:Katu2ou:20180225211905j:plain

 

特性:テクニシャン      性格:意地っ張り

実数値:159(108)-200(252)-120-×-100-104(148)

H:16n-1

A:ぶっぱ

S:準速マリルリ抜き抜き

技:虫食い/バレットパンチ/馬鹿力/剣の舞

 

積みポケモン最強格。一時はガブリアスよりも使われていた。

下馬評通り対面性能はエグい。剣舞さえ決めてしまえば全抜きすらありえる。また、パーティの中で唯一の虫・鋼・格闘打点持ちとして重宝した。

多くのハッサムが叩き落とすを採用しているようだが、ポリゴン2カビゴンに対する打点が欲しかったので馬鹿力を採用。カビゴンの木の身は虫食いで処理。

強いだけにメタも多く貼られていて、フェアリー勢やロズレイドはおろか技枠の足りないポリ2にさえめざ炎を仕込む嫌らしいトレーナーも多かったので仕方なくオッカの実を持たせた。

 

 

マンムー@拘り鉢巻

f:id:Katu2ou:20180225212034j:plain

特性:厚い脂肪      性格:意地っ張り

実数値:191(44)-200(252)-101(4)-×-104(188)-103(20)

H:16n-1

A:ぶっぱ

D:B<D調整

S:準速マリルリ抜き

技:地震/氷柱針/氷の礫/地割れ

 

マンムーの持ち物は鉢巻こそ至極。襷スカーフチョッキゴツメなんて知らない

地面・氷の補完の良さ、地面の通りの良さなどを考慮して鉢巻を選択。受け出ししてきた物理耐久ポケモンの受けを許さない素晴らしい火力(地震の火力指数は45000)が売りであり、ガブリアスをはじめとする氷4倍勢を確実に礫で仕留め、低耐久の氷2倍勢ですらHP満タンで縛り圏内に落としこめるのも強い。

そしてなんといっても地割れこそが真骨頂であり、30%を大きく超えた確率で今まで幾度となく相手を無残に葬ってきたこのポケモンは、もはやマンモスの皮を被った悪魔である。

対受けサイクルでは積極的に地割れを打てる対面を作っていくことが重要だったが、大体こちらに有利な試合運びにできたのでやっぱり強い。

 

 

主な勝ち筋まとめ

ガブリアス/ハッサムで積んで抜く

・ゲンガー/ポリゴン2で頭数有利を取る

マンムーでサイクルを崩す

・相手を疲弊させてミトムで全抜き

上の4つのいずれかを目指すことが多い。相手の構築に応じてどの勝ち筋を目指すかを考えて選出したため、選出は毎回バラバラだった。

 

 

重い相手ポケモン

ウォッシュロトム対面がきつい。ウォッシュロトム用に対策ポケモンを割いているパーティを除くと、かなりの数のパーティで対策が不十分のように感じたが、勝率を上げるためにはどうしてもこのポケモンの処理ルートが必要である。草枠を入れたい。

マニューラもきつい。以前私はハッサムの枠をゴウカザルで使っていていて、ミトムのボルチェン→ゴウカザル出しの流れでほぼ安定して処理をすることが出来ていたが、今では確実な処理ルートが存在しない。(ハッサム襷カウンターで処理されることがある)

 <その他>

オニゴーリ・・・先に展開できていないと怪しい、不利対面したら負け

カイリキ―・・・相手の冷Pを受け、ガブリアス地震×2で落とすしかない。

カビゴン・・・ハッサムで後だしから勝てる場合が殆どだが、逆にハッサムの選出を強要される。

 

 反省

ポケモン対戦をする上で大切なものとは、構築を作る力・適切な選出力・ミスの少ないプレイング・そして対戦外でも気を抜かない精神である。これが身について無いと高レート高順位はおろか挑戦権すら失ってしまうことを痛感した。

また、SDで好成績を取ったがために慢心してしまい、追加考察を止めてしまった結果、SDで見られなかった型・並び・動きが実機で次々と現れ、それらに対応することが出来なかったのだ。仮に本ロムで参加できたところで、余り良い成績は残せなかっただろう。そう、

SDと実機は別物である

 

SDが枝豆なら実機はおとうふ。いくら根源は一緒といえ、あくまでパーティの試験運用程度に用いる位のほうがいいですよ、マジで。

精進します

 

終わりに

SD及び実機で対戦してくださった方、ありがとうございました!

SDは以下の上位3つのアカウントを使用しました。f:id:Katu2ou:20180225212437p:plain

ポケモンUSUMシーズン7中盤 対面フェアリー統一伝 95戦最高1973

 こんにちは、Katuと申します。

 今回は、シーズン7中盤までシングルレートで使用したフェアリー統一の構築をを紹介します。タイプ統一使いの方はもちろん、構築に興味のある方も参考にして頂ければ幸いです。

 

構築を作った経緯

 ポケモンSMの高レート層の構築を眺めていた時、「フェアリータイプ4匹+ガブリアスポリゴン2」という組み合わせで結果を残したある方の構築に目を引かれた。自分なりにその構築を改造して新しいパーティを作ったところ、「フェアリータイプ5匹+ポリゴン2」となり、ここまで来たらいっそフェアリー統一を作ってしまおうと思い作成することにした。

 フェアリー統一勢の構築を参考にして、バトン・サイクル・対面など様々なプランを考えたが、自分が一番使い慣れている、対面にトリルを仕込んだものに決定し、メンバーを下のように組んだ。

  

f:id:Katu2ou:20171231164321p:plain

 ミミッキュ+カプ系3匹という見た目は強そうなパーティーですが、苦手なポケモンは多かったです。詳しくは後述

 

個体紹介

ミミッキュミミッキュZ

f:id:Katu2ou:20171231170537g:plain

技 :影打ちじゃれつくトリックルーム呪い

特性:化けの皮   性格:意地っ張り

努力値:244-252-4-0-4-0

実数値:161-156-101-×-125-116

 

 トリル始動かつ嫁ポケ枠。USUMで手に入れたミミッキュ専用Z技「ポカポカフレンドタイム」で、より大きな打撃を与えられるようになった。

 化けの皮による行動保証・ミミッキュZによる瞬発火力・呪いによる自主退場という、トリル始動役としては最高級の性能を持っている。今までシングルで組んだ構築のほとんどにこのポケモンが入っているほど信用している。

 ミミッキュクチートによるトリル展開が刺さっていそうな場合や、他のポケモンで止められなさそうな相手がいる場合などに選出した。期待通り、ギャラドスやポリZといった積みポケモン、バトン構築をしっかりと止めてくれた。

 選出率は2位、やはり強かった。

 

 

クチートクチートナイト

f:id:Katu2ou:20171231174114g:plain

技 :剣の舞じゃれつく不意打ち炎の牙

特性:威嚇→力持ち   性格:意地っ張り

努力値:164-252-0-0-0-92

実数値:143-150-106-×-76-84→143-172(344)-146-×-116-84

(Sは12振りテッカグヤ抜き)

 

 実数値がえげつないトリルアタッカー。トリルを貼らずに出すこともかなり多かった。

 A実数値は種族値261相当と全ポケモン中実質最高、じゃれつくでミミッキュの専用Z以上の火力が出る。不意打ちは7世代になって威力が80→70に落ちたのが痛手だが、上を取っている相手への重要な打点として欠かせない。炎の牙の枠は、始めは命中安定かつテッカグヤエアームドへの高打点となる雷パンチを採用していたが、ナットレイハッサムカミツルギが重すぎて、他の鋼タイプにも打点を持てるように炎の牙にした。

 特性の威嚇によって対物理への受け出し性能は高く、ミミッキュ(ゴーストZは無理)・テッカグヤギャラドスハッサムなどに受け出しして処理した。素のクチートは特殊耐久が紙同然なので、特殊相手には受け出せない。

 選出率は3位、選出したときはしっかり活躍してくれた。

 

 

トゲキッス@格闘Z

f:id:Katu2ou:20171231180426g:plain

技 :エアスラッシュ大文字波動弾悪巧み

特性:天の恵み   性格:臆病

努力値:4-0-0-252-0-252

実数値:161-×-115-172-135-145

 

 低速サイクル&受けルキラー。悪巧み+格闘Zを搭載することで、バンギラスや奇石ラッキーの突破を可能にした。

 他のポケモンで役割対象を誘い出してから出し、悪巧みを積んで無双した。一撃では落とせない相手も、上を取っていればエアスラの6割怯みを期待することができる。計10回程放ったエアスラで全部怯ませるといい、相手の攻撃をギリギリで耐えるといい、今構築のトゲキッスの自覚は目を見張るものがあった。そのおかげで低速サイクル・ループへの勝率はかなり高かった感じがする。

 選出率は6位、前述のサイクル・ループ以外にはほとんど選出しなかった。

 

 

カプ・コケコ@拘り眼鏡

f:id:Katu2ou:20171231181827g:plain

技 :10万ボルトボルトチェンジ草結び目覚めるパワー氷

特性:エレキメイカー   性格:臆病

努力値:0-0-4-252-0-252

実数値:145-×-106-147(220)-95-200

 

 特殊アタッカーその1。S200と高いSからのエレキフィールド下の電気特殊技の火力は種族値248相当、邪魔なポケモンを排除してからの制圧力はフェアリーポケモン中最高レベルである。

 10万・ボルチェンは電気一致技として確定。ボルチェンはミミッキュミミッキュの皮を剥がしつつ交代したり、自身の攻撃回数を増やすのに役立つ。草結びはカバルドンマンムー意識、めざ氷は霊獣ランドロスをはじめとした氷4倍勢に、主に交代読みで打つ。交代読みはリスキーのように思えるが、上を取られていてかつ電気Zで落ちる相手 (電気弱点勢・メタグロスなど)はほぼ引いてくるので、成功することは多かった。 (とはいえ不安定行動なのに変わりはないが)

 選出率は4位、このポケモンを通せるかどうかで勝負が決まった。

 

 

カプ・テテフ@気合の襷

f:id:Katu2ou:20171231192110g:plain

技 :サイコキネシスムーンフォース気合玉目覚めるパワー炎

特性:サイコメイカー   性格:臆病

努力値:0-0-0-252-4-252

実数値:145-×-95-182-136-161

 

 対面性能の鬼にして今構築の核。先制技無効かつスカーフを想起させることができる襷枠はただただ強い。

 基本的に先発に出し、相手を一匹葬って退場。臆病なのでSは準速100族を抜け、準速ミミッキュメガガルーラ・メガリザードン・最速霊獣ランドロスなどの上を取れる。自分より早い相手でも、襷でなければ突破可能。

 サイキネはエスパー一致技で確定、ムーンフォースエスパー半減勢のために欲しかった。めざ炎はナットレイハッサムカミツルギ用に、気合玉はヒードランその他鋼用に採用したが、レート1800辺りからめざ炎を警戒されてかテテフにナットレイハッサムを出す人が急激に減ったので、シャドボや10万にしても良かったかもしれない。(どのみちメタグロスは相手できない) テテフの自覚は凄く、ヒードラン対面で気合玉を全く外さなかった上に急所Dダウンも結構引いてくれた神様だった。

 選出率は1位、8割を超える高選出率だった。

 

 

カプ・レヒレ@バンジの実

f:id:Katu2ou:20171231194302g:plain

技 :波乗りムーンフォース挑発リフレクター

特性:ミストメイカー   性格:図太い

努力値:252-0-204-28-4-20

実数値:177-×-177-119-151-108

 (メガメタグロスのアイへ✖2で高確率でバンジの実が発動)

  唯一の受け枠。メガメタグロスミミッキュランドロスなどの物理ATのストッパーをこなす。(皮の剥がれていないZミミッキュは対処できない)直接受け出したり、コケコのボルチェンから出したりして受ける。

 安易な積みによる突破を許さないリフレクター、回復やトリルを防ぐ挑発が必須レベルで役に立った。攻撃技は波乗りとムーンフォースの2つを採用したが、ムーンフォースが有効な役割対象が少なかったので他の技に変える余地もありそうだ。

  選出率は5位、残り5匹では厳しそうな時のみにしか出せなかった。

 

選出方法例

 

 

 ・テテフミミッキュクチート・・・メガメタグロスがおらず、ミミクチによるトリル展開が成功しそうな場合はこの選出。テテフとクチートの不意打ちの相性が悪いように思えるが、トリル展開をする頃には大抵フィールドが切れているのであまり気にならない。初手のテテフで削れれば削れるほど勝ちやすくなる。トリル・攻撃・呪いの順番はその時々でどれが最適か考える必要がある。

 

 ・コケコテテフミミッキュ・・・メガメタグロスがいる場合・トリル展開が通せなさそうな時の基本選出で、コケコを先発に出すことが多い。裏に霊獣ランドロスがいる場合はメガメタグロス→即引き霊獣ランドロスの動きがほとんどなのでめざ氷を打つ。コケコを落とされると一気に不利になる。

 

 ・コケコレヒレ+α・・・電気草を採用していないメガメタグロス軸や、レヒレで止まる相手が多い相手などへの選出。電気無効枠がいない場合は、コケコのボルチェンでうまくサイクルを回せることが多かった。残りの一枠は相手に応じて通りそうなものを決めた。

 

 ・テテフトゲキッス+α・・・ブルルやフシギバナ入りの構築や、鋼が多い時に稀にする選出。この類のパーティにトゲキッスを抜ける面子は少なく、上手く有利対面を作って悪巧みを積めれば優勢になれる。

 

 ・クチートトゲキッス+α・・・受けループ用選出。上と同じくいかにしてトゲキッスの有利対面を作れるかがカギとなることが多い。

 

特に苦手なポケモン

 ・メガメタグロス・・・選出方法例でも分かるように相当意識している。コケコレヒレ(稀にクチート)で処理することになるが、どうしても突破に読みが絡んでしまう。

 ・ドリュウズ・・・型破り型が圧倒的に多かった。スカーフ・チョッキが大多数だが、どちらもテテフで安定した処理がしにくく、全ての方を考慮するのは厳しい。場合によってはこのポケモンだけでレヒレの選出を強要される。

 ・グライオン・・・普通のサイクルにいるものならまだいいが、受けルにいる、Sに振った(トゲキッスを抜く)グライオンは激重。

 ・ウルガモス・・・安定して対面で突破できるメンバーがいない。(初手テテフ対面でも蝶舞により突破できないことが多い) 

 

 後書き・余談

 

 初めてタイプ統一パーティーを作ってみたが、思っていた以上に普通のパーティと熱い戦いができ、パーティを組む際の考察でフェアリータイプのポケモンについてより深く知ることができたのも良かったです。しかし、タイプ統一で重要な「呼ぶ相手に対する安定した処理方法の確立」がまだまだ不十分でした。また気が向いたら統一パーティー組んでみます。

 

 ちなみに最高レートの1973ですが、この時の写真は撮っていません! この時は2000に行く気マンマンだったのです。(この後3連敗してその後1950にすら乗れなくなりました・・・) 12月30日夜辺りから、こちらの持っている道具を前提にしたプレイングを前提とした相手が急に増えてきて、かつ年明けからリアルで忙しくなってくるので、残念ながらこの辺で切り上げることにしました。

 勝率はレート1973時で65-30(試合数は95、勝率68.4パーセント)と中々良く、100戦以内で2000も視野に入っていましたが、残念ながらその目標は達成できませんでした・・・ 次こそは、です。

 

 ではここら辺で終わりにします。最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

第三回ポケモン竜王戦 禁止伝説枠考察

 

USUMの発売日が迫ってきている中、ポケモン竜王戦予選の開催日も近づいてきました!

 

第三回ポケモン竜王戦には、前二回の竜王戦とは大きく異なるポイントがあります。

・ルールがダブル→禁伝ありシングル

・小学生まで限定の大会→全年齢対象の大会

シングル勢の中には、数少ないシングルの公式大会が来たと喜んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回の大会は、禁止伝説級のポケモンが1匹まで参加可能な、見せ合い6350形式でのシングルバトルとなりました。(シーズン2のスペシャルルールからアルセウスが出禁になったものと同一)

 

十分に開拓されているとはいえない禁伝シングル環境ですが、どのポケモンが環境を取り巻いていくのでしょうか?

 

 

禁止伝説ポケモンキャラランク

SSS+  

SS+    382 

SS      

S     

AAA              

AA       (通常)

A     

ほしぐも 789 790

わからない 800(日食) 800(月食)

 

 

ポケモン考察 

 <ランクSSS+>

 

メガレックウザ

 

 105-180-100-180-100-115 計780

ポケモン界の異端児

数値を見るだけで如何にぶっ壊れているか分かるだろう。

さらに、竜の舞・剣の舞という優秀な積み技・一致120技「ガリョウテンセイ」と「逆鱗」(どちら連発が可能)・優先度+2の神速を覚え、一度積んでしまえば止められるポケモンは殆どいない。C180を活かした特殊技も強い。特性のデルタストリームで氷岩電気のダメージを半減し、弱点は氷妖竜の3つのみとなる。

この上、メガ進化ポケモンなのに自由に道具が持てるのがおかしい。(Z技は仕様上メガ進化と同時に使えない)

竜飛半減の鋼も、地震やVジェレネート・大文字で致命傷を食らうだろう。フェアリーZミミッキュに無理矢理止めてもらうしか・・・

 

 

<ランクSS+>

カイオーガ

 

100-100-90-150-140-90 計670

スカーフ+特性「雨降らし」+一致150技「潮吹き」のコンボが無難に強すぎる。H振りシールドギルガルドが確一、そんな火力。

技は潮吹き・根源の波動・雷・冷凍ビームの4つでほぼ確定だろう。

対策しないと壊滅は必至だが、ミミッキュで止める・スカーフカイオーガより速いポケモン(最速スカーフカプ・テテフなど)を入れる・ステロや先制技でHPを削るなどの対策方法があるのが救い。逆にカイオーガ側は、ミミッキュを処理できるポケモンや、先制技を封じるカプ・テテフと一緒に組むと良いだろう。

眼鏡カイオーガの潮吹きはHD特化ポリ2を一撃で持って行くような火力なので、上手く使えれば面白そう。

特性の雨降らしはゲンシカイキのものとは違って5ターン続くので、雨パとして取り入れるのもありかもしれない。

 

 

ゲンシグラードン

100-180-160-150-90-90 計770

圧倒的なAの高さから放たれる断崖の剣・炎のパンチは強烈。Cが150あるので特殊技も強く、特に晴れ下噴火はカイオーガの潮吹きと同等の火力を持つ。トリル下で使うと無双できそう(小並)

サブウェポンとしてストーンエッジやドラゴンクロー・ソーラービームなどがある。特にメガレックウザに打点を持てるドラゴンクローは採用価値が高い。

特性「終わりの大地」により4倍弱点である水が無効化され、弱点は地のみとなり、耐性も非常に優秀。その地面技でさえもH100-B160の耐久力をもってして平然と耐えてしまう。グラスフィールドを用いると、相手の地震のダメージが半減され(断崖の剣のダメージは半減されない)、HB方面で要塞となって面白そう。

HDがやや脆いので、特殊技で攻めるのが無難。地面Zを搭載してワンパンするのもいい。

 

 

<ランクSS>

ゲンシカイオーガ

100-150-90-180-160-90 計770

雨+一致潮吹きの強さはやはり健在。特化時のC実数値は素カイオーガの約1.15倍。拘っているカイオーガと違い、技を打ち分けられることができ、まさらにゲンシグラードンの天候を変えられるのもポイント。上手く立ち回れば素カイオーガを大きく超える働きが期待できる。

ただ、Sが高いポケモンが多いこの大会でS90はやや素早さ不足か。HBも禁伝の中では低く、物理で攻められると意外とすぐにやられてしまいかねない。幾分かスカーフカイオーガの方が使い勝手が良いだろう。

 

 

ゼルネアス

126-131-95-131-98-99 計680

パワフルハーブと合わせて1ターンでCDSを二段階上げるぶっ壊れ技「ジオコントロール」を持つ。

Cは131とやや控えめだが、前述のジオコントロールによるC上昇+フェアリーオーラ(フェアリー技のダメージが1.33倍になる・相手にも恩恵あり)から、えげつない火力を生み出す。フェアリー技は全体的に通りが良く(特に禁伝)、半減勢に対しても相当なダメージを与えるので、一度積ませてしまったら止めるのは容易ではない。

なお、ある程度耐久に振らないと、フェアリーZミミッキュに落とされるので注意。

 

パワフルハーブ以外にも、全能力を1段階上げるZジオコントロールが使えるフェアリーZや、意表を突いたスカーフなども一考の余地あり。

なお、サブウェポンは気合玉・10万ボルト・めざパ・サイキネ位しか有用性があるものが無い。物理技はインファイトメガホーンウッドホーン・岩雪崩などと範囲が広いが、じゃれつくが無いのが難点。

 

 

イベルタル

126-131-95-131-98-99 計680

ダークオーラ(悪技のダメージが1.33倍になる・相手にも恩恵あり)+不意打ちの縛り性能が高く、これだけで採用理由に直結する。

物理技には、不意打ち・イカサマ・叩き落とす・アクロバット・ゴットバードと、優秀な一致技が揃っている。悪Zイカサマやパワフルハーブゴットバード+アクロバットの火力は凄い。なお、サブウェポンとして蜻蛉返りや鋼の翼が使える。

特殊技には悪の波動・75%回復の専用技「デスウィング」や、鋼妖対策の熱風がある。こちらもサブウェポンにはあまり恵まれていないが、悪飛の通りが良いのでそこまで気にする必要はないだろう。

妖弱点なので比較的簡単に処理されやすいのが難点だが、裏でしっかり補完を組んでおけば問題ないだろう。

個人的には、不意打ちの縛り性能が一層エグくなる鉢巻がオススメ。

 

 

<ランクS>

ミュウツー

 

106-110-90-154-90-130 計680

テテフ(サイコフィールド)とZ技の登場で一気に強くなったポケモン

一致技のサイコブレイクサイコショックの上位互換(威力100)、Z技で打ち分けも可能。Zサイコブレイクはサイコフィールドと合わせると、H252ゼルネアスを余裕で(115%~)確一にする火力になる。

何よりサブウェポンが豊富で、大文字・火炎・10万・冷b・波動弾・シャドボ・蹴手繰り・地震と何でもござれ。瞑想・自己再生・両壁・挑発と変化技も多く揃っており、何をしてくるのか分からないのが強みの一つである。

耐久は禁伝の中では低め。S>=201の上からの攻撃に気をつけるべき。

メガシンカ前後(X)で物理特殊が変わるのが強く、相手に両方の対策を強いることができる。

一緒に組むポケモンとしてはやはりカプ・テテフがお勧めだろう。ミュウツーの火力補強+ミュウツーが苦手とする先制技を封印できるのは強い。

 

 

ソルガレオ

137-137-107-113-89-97 計680

アローラ新出の鋼超タイプの禁伝ポケモン。対フェアリー性能に非常長けている。

物理技の範囲が広く、鋼威力100で特性貫通の「メテオドライブ」(ミミッキュ殺し)と一致技の思念の頭突きをはじめ、フレドラ・地震・ワイボ・エッジ・噛み砕くといろいろ。ニトチャやZはねるといった積み技があるのも良い。

特性のメタルプロテクトは自分の能力を下げられない(型破り系統の効果を受けない)クリアボディの上位互換で、威嚇や岩封の効果を受け付けないのが強い。鬼火は注意する必要がある。

H137-B107-D89のなかなかの耐久を誇るが、特に特殊方向では弱点を突かれたりすると簡単に落ちかねない。

余談だが、地味にトリルを覚える。

 

 

ルナアーラ

137-113-89-137-107-97 計680

戒めフーパと同様の貴重な超霊複合。メジャータイプの霊悪が4倍と酷い有様だが、2倍弱点はなく、逆に弱点の数そのものは少ない。

何といっても、特性のファントムガード(HP満タンで被ダメ半減、型破り系統の効果を受けない)が強い。

特殊技は霊威力100特性貫通のシャドーレイをはじめ、サイキネ10万冷bエアスラなど、有用性の高いものが揃っている。変化技は鬼火・瞑想・コスモパワー・羽休みを覚えるので、詰ませ勝ちも可能。そしてなんと催眠術が使える。(素催眠ではなく重力催眠を使いましょう)Z催眠術は自分のSを1段階上げるものであり、上手く使えば全抜きも可能であり、頭には入れておいた方がよい。

他にも多くの型が考えられ、考察のしがいがあるポケモン

 

 

<ランクAAA>

メガミュウツーX

 

106-190-100-154-100-130 計780

Cは変わらず、Aが80も上昇、BDも10ずつ上昇。ミュウツーとは変わり、超火力物理ATとなった。

一致技は蹴手繰り・ドレパン・思念の頭突き・サイコカッターと、やや威力が控えめなのが難点。しかしサブウェポンの範囲は特殊技同様広く、地震ストーンエッジ・三色パンチなどが使える。積み技のグロパン・ビルドアップも考慮。Cが154あるので、役割破壊に特殊技を仕込むのも良いかもしれない。

メガシンカ前後で物理特殊が変わるのが強く、相手に両方の対策を強いることができる。

ちなみに、XDダークかVC産限定だが自爆を覚える。もしかしたら使えるかもしれない。

 

 

・ルギア

 

106-90-130-90-154-110 計680

禁伝屈指の耐久ポケモン。マルチスケイルにより初手の圧倒的な受け性能を誇る。実は種族値ミュウツーのものの入れ替え。

HB、HD共に高く、特にHDは、カイオーガの潮吹きをマルスケ発動で自身のHPの半分以下に抑えるレベル。瞑想や羽休めと合わせれば殆どの特殊アタッカーを止めることができる。

補助技として前述の瞑想や羽休め、毒毒・電磁波・両壁・吹き飛ばしなどを覚える。攻撃技は特殊が中心で割と範囲は広く、専用技のエアロブラストをはじめとしてサイキネ・10万・冷b・大地・竜波など。Cが低いのが惜しいところだが、瞑想で火力を高めることができる。

超飛は弱点が多く、竜王戦でも弱点を突いてくるポケモンが多いので、少し動かしにくいか。ステロが流行りそうなのも向かい風だ。

 

 

・ホウオウ

106-130-90-110-154-94 計680

特殊耐久に長けたポケモン。大会で飛び交うフェアリーを半減できる炎タイプ持ちだが、ステロ4倍勢なのは痛い。

特性の再生力を持つ。ステロダメを抑えられたり、攻撃の反動分を回復できたりと、利点は多い。持ち前の耐久力も相まってサイクル戦に強いのがよい。羽休みや鬼火も使える。

物理技は、火傷率5割を誇る聖なる炎を中心に、ゴッドバードブレイブバード地震などがある。範囲は狭いが通りが良いのでそこまで気になることは無いと思う。命の珠・鉢巻・弱保を持たせてアタッカー型にしても強い。

過去作限定だが、お祝いを持った個体が存在するので、Zお祝いには注意。

 

 

グラードン

 

100-150-140-100-90-90 計670

 ゲンシカイキをしないグラードンは非常に少ないが、持ち物が自由になったことでやれるようになったことは多い。

鉢巻や命の珠やZクリスタルを持たせてアタッカー運用させる型が多い。一応ゲンシグラードンよりこちらの方が火力は高く、採用理由となる。黒い鉄球を持たせてトリルアタッカーに組み込むのも面白い。

ステロ撒きなどのサポートに特化するのも意表が突けていいかもしれない。晴れパの始動要員なんかにも使える。

ただ、全体的なスペックでいえばやはりゲンシグラードンに軍配が上がる(攻撃面・耐久面どちらも)ので、パーティに組み込む際は明確な採用理由が欲しいところ。

 

 

レックウザ

 

105-150-90-150-90-95 計680

どうしても他のメガ枠が使いたいか、Z技を使うかの二択。Z技を打つ場合は、役割破壊Zを打つか、Zお祝いを打つかになりそうだ。

Zお祝いは全能力を一段階上げる効果を持つが、技枠を1つ消費する・1ターンかかる、初速がS95なので上を取りやすいなど、デメリットも多い。BDが上がるといっても、メガシンカ後のデルタストリームによって弱点2つのダメージが半減になるので活きにくく、素直にメガレックウザを使ったほうが強いだろう。

ただ、起点化されて上手く積まれると止めるのはなかなか難しく、技範囲も特殊技を中心としてかなり広いので注意。

 

 

ディアルガ

100-120-120-150-100-90 計680

鋼竜という、優秀な耐性持ちのタイプを持つ。フェアリーが得意な竜は強い。

特殊ATがメジャーで、覚える技も時の咆哮や流星群をはじめ、竜波・ラスカ・10万・火炎・大地・波動弾と使い勝手の良いものが多い。時の咆哮は破壊光線の竜版で、Z技で使うと相当な火力を出すことができる。(イベルタルを確一にできるレベル) 時の咆哮を使わない場合、Zクリスタル以外に白金玉や命の珠や眼鏡、パワフルハーブなどが候補に挙がる。

4世代GSで大流行したトリルや、電磁波といったS操作技を覚える。また、ステロや吠えるも使え、サポート型にして使うのも面白そうである。

 

 

  ・ホワイトキュレム

125-120-90-170-100-95 計700

タイプは氷竜、吸収合体によって持ち物自由の700族となった。

特殊技であるコールドフレア(氷溜め140 3割火傷)とクロスフレイム(炎 100)の補完が非常に良く、自身のタイプが苦手とする鋼に強く出られる。コールドフレアはパワフルハーブかZで使うべきか。もちろん冷bも覚えるのでコールドフレアを使わない選択肢もある。

サブウェポンには気合玉・サイキネ・大地などがある。

特性「ターボブレイズ」によって相手の特性を無視して攻撃できるのは強みだが、ミミッキュより1低い微妙なSが足を引っ張っている。この特性を如何に活かすかで強さが変わってきそうだ。なお、ルナアーラの特性「ファントムガード」は貫通できないので注意。

弱点がメジャーなタイプであるだけあって弱点を突かれやすいので注意。

 

 

・ブラックキュレム

 

125-170-100-120-90-95 計700

タイプは氷竜、貴重な高火力物理氷電技を持つ。

A170から繰り出される一致フリーズボルト(威力140で3割麻痺 溜め技)の威力はなかなかのもの。パワフルハーブを用いたりZ技にして使うと強い。

もちろん一致技の逆鱗、水に刺さるクロスサンダー、その他岩雪崩・アイへなどを覚えるが、技範囲は狭めである。

特性「テラボルテージ」はホワイトキュレムの特性と同じ効果なので上記を参照。

やはり弱点が突かれやすいので、出す相手に注意。

 

 

<ランクAA>

 

パルキア

90-120-100-150-120-100 計680

キングドラと同タイプの水竜。水技を1/4のダメージで受けられ、特に拘ったカイオーガに強いのは評価点だ。弱点が竜妖のみだが、どちらも大会では最メジャーなタイプ。

ディアルガと同様に多彩な特殊技を覚える。急所に当たりやすく、一致100の亜空切断はとても使いやすく、その他ドロポン・文字・10万・冷b・大地・波動弾と範囲が広い。持ち物はZクリスタルや白玉や命の珠などが候補。

攻撃面に関してはかなり優秀だが、耐性のせいで使いにくさはある。変化技も電磁波以外にあまり有用なものが無く、トリッキーな動きも難しいか。

 

 

ギラティナ(アナザーフォルム)

150-100-120-100-120-90 計680

固有タイプである霊竜を持つ。耐性・弱点がそれぞれ5個・6個と多く、どれもメジャーなタイプである。

まず目に入るのは圧倒的なHの高さで、特化すると実数値は257にもなる。BDも120と高く、数値だけ見れば準伝屈指の耐久型ポケモンであるが、前述の通りメジャーなタイプの弱点が多く、今大会の環境ではやや厳しい状況にいる。

補助技には毒毒・鬼火・瞑想・マジコ・痛み分け・眠るなどがあるが、自己再生羽休みなどの高速再生技が無い。痛み分けは自身のHPが高いので使いにくいのが痛手。食べ残しやHP回復実が無難か。

なお、Z恨みでHPを全快できる。プレッシャーと合わせてppを削る戦法で攻めるのもありかもしれない。

攻撃技は物理特殊共に採用できる技が多く、好きなものを選べばよい。

スペックそのものは高く、相手を選ぶことができれば無類の詰ませ性能を発揮するため、プレイングスキル次第で強くなりそうなポケモンだ。

 

 

ギラティナ(オリジンフォルム)

150-120-100-120-100-90 計680

アナザーフォルムのBDとACがチェンジした。特性が浮遊になり、地面技を透かせるのは大きい。持ち物は白金玉固定で、霊竜の技のダメージが1.2倍になる。叩き落とされず、トリックも無効。

アナザーフォルムの説明で書いたように、物理特殊共に技候補が多い。物理は守る貫通の霊120シャドーダイブをはじめ、逆鱗・地震・エッジ・アイへなど。先制技の影打ちを覚える。特殊技はメインウェポンの流星群・竜波・シャドボ・祟り目、サブウェポンの10万・エナボ・大地・波動弾・凍風など。

メインウェポンは道具の効果も相まってそこそこの火力が出るが、サブウェポンは道具が固定なせいで火力補強が出来ないのが不便。

BDは下がったとはいえ、特化イベルタルの不意打ちを無振りで確定耐えする高水準の耐久を持ち、耐久寄りのATといえる。

 

  

・ジガルデ

10%フォルム:54-100-71-61-85-115 計486

50%フォルム:108-100-121-81-95-95 計600

パーフェクトフォルム:216-100-121-91-95-85 計708

特性「オーラブレイク」はゼルネアスイベルタルピンポで、彼らが居なかった場合にS大小の判別ぐらいしか活用法が無いので考察は一旦置いておく。

特性「スワームチェンジ」により、HPが半分以下になるとパーフェクトフォルムになり、HPが回復する。ただ、弱点を突かれてフォルムチェンジする前にやられることも多く、闇雲に攻撃しているだけではなかなか活かしづらい。身代わり痛み分けや回復実といったHP操作と合わせて使うと上手く使えそうだ。

また、フォルムチェンジによってSが下がることにも注意。事前に10%や50%で竜舞を積んでおくなどしてSを上げておくと役に立つ。

 

物理技はサウザンウェーブ(地90 交代不可の追加効果)やサウザンアロー(地90 飛行タイプ・浮遊にも等倍で当たり、当てたポケモンを地に落とす)や神速など、特徴的な技を多く覚えるのがよい。

特殊技にコアパニッシャー(竜100 相手の特性を消す)があり、こちらも他に例を見ないタイプの技。他に大地ヘドウェなども覚える。

補助技は前述の竜舞やとぐろをまく、命中100の蛇睨みと優秀な技を覚える。

7世代でいろいろと強化されたポケモンで、まだまだ考察で強くなると思う。

 

 

ネクロズマ(通常)

97-107-101-127-89-79 計600

図鑑ナンバー800ピッタリ、単超のポケモン

特性はプリズムアーマーで、効果抜群の技のダメージを3/4倍にする上に型破り系統の効果を受け付けない。そこそこの耐久値と合わせて、ある程度は受けられるまでにはなる。

種族値だけ見るとミュウツーとの差別化が難しそうに感じるが、技面ではプリズムレーザー(威力160の超版破壊光線)やアシストパワーといった、ミュウツーが覚えない攻撃技を覚える。(ただ技範囲は狭め) 積み技もロックカット・瞑想・鉄壁とレパートリーは多い。何気にステロも覚える。

正確な情報が出ていないので何とも言えないが、日食/月食ネクロズマを使った方が強そうな感じはする。

 

 

<ランクA>

 

・レシラム

100-120-100-150-120-90 計680

竜炎のタイプ。氷フェアリーが等倍になる炎の補完がよい。

 特性は「ターボブレイズ」で、相手の特性に関係なく技が通る。

 特殊技の青い炎(炎130 2割火傷 命中85%)、クロスフレイム(炎100)はどちらも連発できるタイプ一致技で非常に強力。サブウェポンとしてソラビ・気合玉・大地などがあるが、技範囲は狭め。

補助技で鬼火・羽休めが使えるので、HBに振って耐久型としても使えるが、物理でメジャーな竜地岩が弱点なこともあって少し厳しいか。

有用な火力上昇の積み技は残念ながら覚えない。(強いて言えば日本晴れで炎のダメージが上がるくらいか)

耐久があまり高くないので、出来れば上から殴りたいところ。特性の効果もあって制圧力は高めなので、ニトチャでSを上げたりスカーフを持たせたりすると良いかもしれない。

 

 

ゼクロム

100-150-120-120-100-90 計680

数少ない竜電のタイプ。

特性は「テラボルテージ」で、相手の特性に関係なく技が通る。

物理技の雷撃(電130 2割麻痺 命中85%)やクロスサンダー(電100)が連発可能で非常に強い。タイプ一致技の他には噛み砕くなどを覚えるが、技範囲はかなり狭いが、電気タイプの通りは結構いいので気にならないかもしれない。

積み技は爪研ぎを習得し、命中不安の雷撃と相性が良いが、積める隙があるかどうかは疑問。

Sが90とイマイチ。また耐性が悪く、氷竜妖地というメジャーどころに突かれているのが痛い。レシラム同様、弱点を突かれる前に倒すつもりでいた方が良い。

 

 

キュレム

125-130-90-130-90-95 計600

キュレム系統はみんな竜氷タイプ。

ホワイト/ブラックキュレムとの差別化が非常に厳しい。

まずタイプは3体とも同じで、種族値もどれをとっても勝るものが無い。吸収合体後も持ち物制限は無く、あと残るのは技方面のみ。

キュレム独自の技は、凍える世界(威力65の凍える風)と怖い顔のみで、ホワイトキュレムではこれがコールドフレア/クロスフレイムに、ブラックキュレムではフリーズボルト/クロスサンダーになる。

とにかく相手のSを下げたい人以外は、吸収合体後の方を使った方が良いと思う。

 

 

 <ほしぐも>

  ・コスモッグ

789

43-29-31-29-31-29-37 計200

種族値が全て素数ポケモン。(UBの種族値も全て素数である。)

攻撃力を一気に三段階上げるZはねるが使え、低めなAを補うことができるのが強み。A特化↑3悪足掻きでLv20H4メガレックウザが乱1と、トップメタにも致命傷を与えられる。

耐久面にはやや難があるが、そこはHPを全快させるZテレポートで補うことができる。特性が、相手のランク補正を無効化する天然なのもよい。

Z技に頼らざるを得ないのが難点だ。進化さえすれば環境上位レベルの強いポケモンである。

 

 

コスモウム

790

43-29-131-29-131-37 計400

HBDSがどれもサマヨール以上という恐ろしい耐久型ポケモンサマヨール同様、進化の奇石を持たせられるので、実質的な耐久力は数値以上だ。

コスモウムになって強力な積み技「コスモパワー」を習得し、BD共にさらに強化することが可能。HP全快のZテレポートと合わせてかなり長いターン場に居座ることが可能だ。

残念ながら自身が毒毒を習得しないが、裏のポケモンによって毒を入れたり毒菱を撒いたりした後に居座れば勝手に相手が倒れていく。自分から攻撃せずして相手を倒す、耐久型ポケモンのお手本となるポケモンである。

特性が頑丈で、一撃必殺技を受け付けないのもよい。

 

 

日食/月食ネクロズマについては、情報が入り次第書いていきます。

メガランブル使用構築 ヘラクロス単騎(最高1578)

インターネット大会「メガランブル」(メガシンカポケモンのみ6150)での使用構築です。30戦で17-13(ジュニア)でした。

↓へラクロス単騎でできる限り勝率を上げる方法を考えた結果です。

 

個体紹介

ヘラクロス@気合の襷

f:id:Katu2ou:20170923213707p:plain

特性:根性  性格:意地っ張り

技:カウンター/起死回生/メガホーン/岩石封じ

努力値:ASぶっぱ(実数値A194 S137)

 

個体値は以下の通り。

f:id:Katu2ou:20170923215435j:plain

HBDの個体値が低いのは、カウンターと起死回生の火力をできるだけ上げるためである。(本当はHBD共に逆Vが理想だが、そこまで粘る時間がなかった)

メガヘラ対面で苦手な相手に対してできる限り勝てるようにした。

 

 ・カウンター・・・物理技で沈めようとしてくる相手を返り討ちにできる。襷カウンターは一見ばれやすいように思えるが、多くの相手はメガへラの攻撃を受けると1発で沈むことから、常に相手にメガヘラか襷ヘラかの択を押し付けることができる(大抵相手は前者を想定する)ため、成功しやすい。メガヘラの範囲+攻撃力の圧力こそが、ヘラクロス単騎での勝ちを可能にする最大の要因だと思う。

 ・起死回生・・・HPが減るほど威力が増す技(最大200)。最大で、B4ガブリアスを確一にするほどの火力を持つ。襷と非常に相性がいい。採用不可避。

 ・メガホーン・・・主に「自分より遅いヘラにサイキネ打ってeasywinだウェーイ」とイキってるエスパー勢に打つ。ミサイル針と違って襷貫通はできないが、ミサイル針だと火力が足りない。

 ・岩石封じ・・・リザと対峙した時に初手に打つ。Sダウンの効果があるため、自分より早い相手に対して「襷発動→岩石封じ→起死回生」といった動き方もできる。

 ・根性・・・自信過剰は61ルールでは論外。虫の知らせは襷と相性が良いが、そもそも虫技を使う機会は少なく、不意の状態異常(特に火傷)に強く出られる根性とした。

 

 

得意な相手

選出画面で誘いやすいポケモン赤字で表記する。

 リザードン/スピア―/ピジョット/フーディン/ヤドラン/カイロス/ギャラドス/プテラ/デンリュウ/ハガネール/バンギラス/ヤミラミ/クチート/ボスゴドラ/バクーダ/アブソル/メタグロス/ラティアス/ラティオス/エルレイド

 赤字ポケモン18匹中9匹がここに。

 

 

リザードン

f:id:Katu2ou:20170925112407p:plainf:id:Katu2ou:20170925112419p:plain

初手岩石封じ。XYいずれでの場合でも、襷発動→岩石封じ→起死回生で倒すことができる。XY共にメガヘラクロスのロクブラを耐えないので、悠長にニトチャしてくることはない。

 

ピジョット

暴風で混乱しない限り、襷発動→起死回生倒すことができる。

 

対フーデイン

襷発動→メガホーン(耐久に振ってない場合は起死回生でも)で倒せる。

 

カイロス

襷発動→カウンターで倒せる。岩石封じだと耐えられる可能性があり、その後のフェイント(電光石火)で落ちるのでNG

 

クチート

襷発動→カウンターで倒せる。なお、威嚇の影響でメガヘラクロス地震では落とせないことが多い。

 

 対メタグロス

襷発動→カウンターで(怯まなければ)倒せる。得意だが安定はしない。

 

ラティアスラティオス

メガホーン(当たれば)勝てる。

 

エルレイド

襷発動→カウンターで勝てる。

 

 

処理が不安定な相手

 選出画面で誘いやすいポケモン赤字で表記する。

フシギバナ/カメックス/ハッサム/ヘルガー/ジュカイン/バシャーモ/ラグラージ/サーナイト/ライボルト/サメハダー/オニゴーリ/ボーマンダ/ガブリアス/ルカリオ/ユキノオー/タブンネ/襷持ち

相手の型に左右されまくりである。

 

 

ヘルガー

襷発動→起死回生で落とせるが、ヘルガーの襷個体がかなり多いので、不安定。

 

バシャーモ

初手守るで非メガがバレることが多く、その後の相手の動き方によって処理方法が違う(フレドラ飛び膝はカウンター、放射大文字は起死回生、鬼火身代わりなどは無理)ので全く安定しない。

 

サーナイト

相手の耐久の振り方によって、メガホーンで倒せるかどうかが変わる。

 

ライボルト

威嚇が入ることで、相手の耐久の振り方によって、襷発動→岩石封じ→起死回生で倒せるかどうかが変わる。そもそも相手が最速であればSを1段階下げても同速勝負となる。

 

ボーマンダ

物理技で殴ってくれればカウンターで勝ち、特殊技や毒毒は負け。

 

ガブリアス

カウンターで襷以外には勝てる。襷には、岩石封じ→起死回生で十分にHPが減っていれば勝てるが、スカーフには勝てない。

 

タブンネ

メガホーン→襷発動→起死回生が勝ち筋。相手が耐久に厚めに振っていたり、殴って来なかったりするときつい。

 

対襷持ち

先制技・連続技が無く、Sも襷を持つ多くのポケモンに比べて低いので厳しい。

 

 

どうあがいても無理な相手

 選出画面で誘いやすいポケモン赤字で表記する。

ゲンガー/ガルーラ/ヘラクロス/チャーレム/チルタリス/ジュペッタ/ミミロップ

ゴースト勢・襷潰してくる勢は基本的に無理。

 

 

チャーレム

猫騙しを持っていることが殆どなので、襷が発動せずに負ける。

 

チルタリス

初手降参したくなる位に無理。一応非メガなら岩石封じ→起死回生の勝ち筋はあるが、非メガ個体はまずいない。

 

 

総括

ヘラクロスは比較的メジャーなポケモンで、単騎であればかなり読まれるのかなと思っていたのですが、メガへラに怯えてこっちの思惑通りの行動をしてくれた相手がとても多かったです。メガへラの力を改めて実感できました。良い経験でした。

これがメガランブルのヘラクロス単騎で最も多くの相手を見られる型だと思います。突破できない相手が出てくるのは仕方ないですね・・・。1匹で40匹以上のポケモンを見るのは無理です。

 

 

 

ポケモンSM S5 スペシャルレート構築記事リンクまとめ (さかさバトル)

 S5さかさバトルの構築記事をできる限り集め、それらのリンクをまとめさせて頂きました。今季のさかさバトルの振り返りや、来期さかさバトルの構築を作る上での参考に使ってもらえれば幸いです。

 

各構築記事において、記事リンク・トレーナーネーム・構築記事名・ブログ名・最高最終レート&順位(筆者が分かる範囲)・パーティに含まれるポケモン・構築の属性を掲示しています。

 

記事は原則として、最終順位の高い方から順に載せています。

 

 

 

・そらしろ「さかさ版対面構築」『とくになし』

最終1位(1931) 最高1931

 f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170919213826p:plainf:id:Katu2ou:20170829205939p:plainf:id:Katu2ou:20170919213857p:plainf:id:Katu2ou:20170919213921p:plainf:id:Katu2ou:20170919213940p:plain

対面構築

http://blankpage.hatenablog.com/entry/2017/09/12/231029

 

 

・ひで「さかさバトル使用構築②」『さかさバトル復活祈願』

最終3位(1909)

f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170919213857p:plainf:id:Katu2ou:20170919214056p:plainf:id:Katu2ou:20170829210114p:plainf:id:Katu2ou:20170919214158p:plainf:id:Katu2ou:20170919214607p:plain

 対面構築・トリル

http://poisonhea1.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

 

 

・レア(3位の方と同人物)「さかさバトル使用構築③」『さかさバトル復活祈願』

最終4位(1909)

f:id:Katu2ou:20170829205939p:plainf:id:Katu2ou:20170919214158p:plainf:id:Katu2ou:20170919214726p:plainf:id:Katu2ou:20170919214056p:plainf:id:Katu2ou:20170829210034p:plainf:id:Katu2ou:20170919213857p:plain

対面構築・トリル

http://poisonhea1.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

 

 

・ムーン「さかさ1900越え達成構築」『ご注文はレートですか?』

最終6位(1904) 最高1904

f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170919213826p:plainf:id:Katu2ou:20170829205939p:plainf:id:Katu2ou:20170919214607p:plainf:id:Katu2ou:20170919214158p:plainf:id:Katu2ou:20170919213940p:plain

対面構築

http://tiyatyanpoke.hatenablog.com/entry/2017/09/12/143902

 

 

・S・Spencer・E「S5スペレ(さかさ)使用構築②」『カバドリラティはつよい』 

最終9位(1900) 最高1900

f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170829210034p:plainf:id:Katu2ou:20170829210225p:plainf:id:Katu2ou:20170919215051p:plainf:id:Katu2ou:20170919215125p:plainf:id:Katu2ou:20170829210051p:plain

毒菱展開

http://hetyamukure576.blog60.fc2.com/blog-entry-212.html

 

 

・たんそマン「Z技無しガルスタン」『( ˘ω˘ )スヤァ…』

最終10位(1887) 

f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170829210034p:plainf:id:Katu2ou:20170919214607p:plainf:id:Katu2ou:20170919215316p:plainf:id:Katu2ou:20170919215328p:plainf:id:Katu2ou:20170919215343p:plain

 対面構築

http://tansoman.hatenablog.com/entry/2017/09/12/222814

 

 

・サン(3位の方と同人物)「さかさバトル使用構築① グソクポリZスタン」『さかさバトル復活祈願』

最終14位(1870) 最高1890

f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170919215453p:plainf:id:Katu2ou:20170919213826p:plainf:id:Katu2ou:20170829210034p:plainf:id:Katu2ou:20170919215539p:plainf:id:Katu2ou:20170919214607p:plain

 対面構築

http://poisonhea1.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

 

 

・はりゃん「思考化石受けループ」『親を思わば骨二つ』

最終15位(1869) 最高1870

f:id:Katu2ou:20170919214726p:plainf:id:Katu2ou:20170919215702p:plainf:id:Katu2ou:20170919215328p:plainf:id:Katu2ou:20170919215910p:plainf:id:Katu2ou:20170919215933p:plainf:id:Katu2ou:20170919215959p:plain

受けループ

http://hryangaragara.blog.fc2.com/blog-entry-37.html

 

 

・パンプりん「最強ウルガモス介護サイクル」『Hello-Win』

最終16位(1868) 最高1868

f:id:Katu2ou:20170920214025p:plainf:id:Katu2ou:20170919213921p:plainf:id:Katu2ou:20170920214119p:plainf:id:Katu2ou:20170829210051p:plainf:id:Katu2ou:20170920214229p:plainf:id:Katu2ou:20170919214607p:plain

サイクル・積み展開

http://minamiuri.blog.jp/archives/1067719150.html

 

 

・きの「ポリヘラ蝶乱舞」『この青空にあくびループ』

最終18位(1862) 最高1862

f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170829210034p:plainf:id:Katu2ou:20170919214607p:plainf:id:Katu2ou:20170919214056p:plainf:id:Katu2ou:20170919214158p:plainf:id:Katu2ou:20170920214321p:plain

対面構築・トリル

http://kinop-oke.hatenablog.com/entry/2017/09/12/131749

 

 

・Terry「さかさバトル式 カバマンダコケコ」『ジオットの流儀』

最終19位(1861)

f:id:Katu2ou:20170920214025p:plainf:id:Katu2ou:20170829205939p:plainf:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170920221102p:plainf:id:Katu2ou:20170920214433p:plainf:id:Katu2ou:20170919215328p:plain

 カバ展開・サイクル

http://syndr.hatenablog.com/entry/2017/08/16/042756

 

 

・4423「王冠とメガスピアー」『下っぱと見て侮る勿れ』

最終25位(1846) 

f:id:Katu2ou:20170920214556p:plainf:id:Katu2ou:20170920214609p:plainf:id:Katu2ou:20170919213826p:plainf:id:Katu2ou:20170920214640p:plainf:id:Katu2ou:20170919215959p:plainf:id:Katu2ou:20170920214715p:plain

対面・サイクル

http://teamrurea.hatenablog.jp/entry/2017/09/12/163754

 

 

・U.C.「ポリヘラスタン」『眼鏡の小妖精』

最終26位(1842) 最高1928

f:id:Katu2ou:20170919214056p:plainf:id:Katu2ou:20170829210034p:plainf:id:Katu2ou:20170919214158p:plainf:id:Katu2ou:20170919214607p:plainf:id:Katu2ou:20170829205939p:plainf:id:Katu2ou:20170920214810p:plain

対面構築・トリル 

http://uc-pokemon.hatenablog.com/entry/2017/09/09/162355

 

 

・ダークネス♦「さかさバトル てきとー記事 」『Beyond the DARKNESS』 

最終30位(1828) 最高1880

f:id:Katu2ou:20170920214911p:plainf:id:Katu2ou:20170920214928p:plainf:id:Katu2ou:20170829210051p:plainf:id:Katu2ou:20170920214952p:plainf:id:Katu2ou:20170920215005p:plainf:id:Katu2ou:20170919215453p:plain

毒菱展開・壁展開

http://pisker.hatenablog.com/entry/2017/09/12/153024

 

 

・アリス「さかさ 使ったやつメモ」『ガルドは二度斬る』

最終46位(1809) 最高1809

f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170919213857p:plainf:id:Katu2ou:20170829210150p:plainf:id:Katu2ou:20170920215106p:plainf:id:Katu2ou:20170920215123p:plainf:id:Katu2ou:20170919215328p:plain

対面構築

 http://yokpoke.hatenablog.com/entry/2017/09/13/013551 

 

 

・ふそう「さかさバトル最終1807、49位の虫統一」『腐草のブロマガ』

最終49位(1807)

f:id:Katu2ou:20170920215213p:plainf:id:Katu2ou:20170919213921p:plainf:id:Katu2ou:20170920214911p:plainf:id:Katu2ou:20170919215539p:plainf:id:Katu2ou:20170920221142p:plainf:id:Katu2ou:20170919214056p:plain

タイプ統一

http://ch.nicovideo.jp/kutikusafuso/blomaga/ar1173680?nicorepotwitter_upload_blomaga

 

 

・しのもソ「流転の役割破壊ヨガ」『更なる"高み"を目指して』

最終56位(1802)

f:id:Katu2ou:20170920215326p:plainf:id:Katu2ou:20170919213857p:plainf:id:Katu2ou:20170829210034p:plainf:id:Katu2ou:20170919221729p:plainf:id:Katu2ou:20170920215410p:plainf:id:Katu2ou:20170919214158p:plain

対面構築

http://rupasopoke.hatenadiary.jp/entry/rutenyoga

 

 

・つばさ「アナポリキテルグマとゆかいな仲間たち」『飛んでるつばさの毎日レーティングバトル』

最終57位(1802) 

f:id:Katu2ou:20170919221729p:plainf:id:Katu2ou:20170920215529p:plainf:id:Katu2ou:20170920221142p:plainf:id:Katu2ou:20170920221232p:plainf:id:Katu2ou:20170920215547p:plainf:id:Katu2ou:20170919214158p:plain

隠しトリル

http://smokythrill.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

 

 

・ねもちゃん「スキスワ入りテテフーディン」『nemonojackのブログ』

最終67位(1782) 最高1805

f:id:Katu2ou:20170920215721p:plainf:id:Katu2ou:20170920215732p:plainf:id:Katu2ou:20170919214607p:plainf:id:Katu2ou:20170920215803p:plainf:id:Katu2ou:20170920214640p:plainf:id:Katu2ou:20170919215316p:plain

フィールド展開・受けサイクル

http://nemonojack.hatenablog.com/entry/2017/09/12/231338

 

 

・ゆいうさ「スペレ (S5:さかさシングル)」『うさうさぽけぽけ。』 

最終95位(1749) 最高1779

f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170919215328p:plainf:id:Katu2ou:20170829205939p:plainf:id:Katu2ou:20170920221102p:plainf:id:Katu2ou:20170919213857p:plainf:id:Katu2ou:20170920215917p:plain

対面構築・ムラっけ展開

http://lapine.info/blog/poke.html#a20170912-00

 

 

・かずきサン「サンダース軸」『ずっくんポケモン奮闘記』

最終116位(1732) 最高1880

f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170919215051p:plainf:id:Katu2ou:20170920215958p:plainf:id:Katu2ou:20170919221729p:plainf:id:Katu2ou:20170919213857p:plainf:id:Katu2ou:20170919215453p:plain

積み展開

http://zukkunblog.wp.xdomain.jp/2017/09/13/sakasa/

 

 

・モブキャラ「序盤ノーマル統一パーティ」『モブキャラブログ』

最終120位(1730) 最高1796

f:id:Katu2ou:20170920221318p:plainf:id:Katu2ou:20170920220134p:plainf:id:Katu2ou:20170920220153p:plainf:id:Katu2ou:20170920220209p:plainf:id:Katu2ou:20170920220224p:plainf:id:Katu2ou:20170920215721p:plain

タイプ統一

http://mobchara-eevee.hatenablog.com/entry/2017/09/10/080311

 

 

・さかなだ「さかさ分身バトン」『さかなだポケモンとか』 

最終121位(1729) 最高1851

f:id:Katu2ou:20170920220253p:plainf:id:Katu2ou:20170920214715p:plainf:id:Katu2ou:20170919215453p:plainf:id:Katu2ou:20170919214158p:plainf:id:Katu2ou:20170829205939p:plainf:id:Katu2ou:20170919213752p:plain

バトン展開・確率操作・対面

http://skndpokemon.hatenablog.com/entry/2017/09/11/224203

 

 

・Katu(筆者の構築)「さかさでポリヘラ対面厨」『反転世界に身を委ねて』

最終193位(1701) 最高1965

f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170919214056p:plainf:id:Katu2ou:20170829210034p:plainf:id:Katu2ou:20170829210206p:plainf:id:Katu2ou:20170919222035p:plainf:id:Katu2ou:20170919214158p:plain

対面構築・トリル

http://katu2ou.hatenablog.com/entry/2017/09/10/154714

 

 

・Katu(筆者の構築)「ポリミミガッサ3騎突(さかさ)」『反転世界に身を委ねて』 

最終193位(1701) 最高1787

f:id:Katu2ou:20170919214158p:plainf:id:Katu2ou:20170919221729p:plainf:id:Katu2ou:20170919215959p:plainf:id:Katu2ou:20170919221815p:plainf:id:Katu2ou:20170919221815p:plainf:id:Katu2ou:20170919221815p:plain

隠しトリル

http://katu2ou.hatenablog.com/entry/2017/09/11/210349

 

 

・まぐなむ。「瓦割り投げ特殊ガルーラ」『MAGNUM‘s MAGAZINE』

最終269位(1661) 最高1778

f:id:Katu2ou:20170919213752p:plainf:id:Katu2ou:20170920220452p:plainf:id:Katu2ou:20170919215328p:plainf:id:Katu2ou:20170920220517p:plainf:id:Katu2ou:20170829205939p:plainf:id:Katu2ou:20170920221102p:plain

積み展開・サイクル

http://magmagazine.hatenablog.com/entry/2017/09/12/141538

 

 

・リョりょリョ「S5-スペシャルレート最高1803構築」『命中100%ハイドロポンプ』 

最終? 最高1803

f:id:Katu2ou:20170920220555p:plainf:id:Katu2ou:20170919215051p:plainf:id:Katu2ou:20170920220633p:plainf:id:Katu2ou:20170919215328p:plainf:id:Katu2ou:20170920215721p:plainf:id:Katu2ou:20170920220659p:plain

対面・サイクル

http://ro999sunfactory.hatenablog.com/entry/2017/09/12/231325

 

 

・ハガネ「【鋼統一】弱点合計61個のドM構築」『ハガネア!』

最終? 最高1635

f:id:Katu2ou:20170920220904p:plainf:id:Katu2ou:20170920221403p:plainf:id:Katu2ou:20170920220919p:plainf:id:Katu2ou:20170920220932p:plainf:id:Katu2ou:20170920220946p:plainf:id:Katu2ou:20170920220959p:plain

タイプ統一

http://haganea.hatenablog.jp/entry/2017/09/12/072913

 

(敬称略)

 

 

自分の記事を載せてほしい・載せてほしくないという方はコメントにてご連絡ください。

又、誤字などありましたらご指摘お願いします。

 

 

S5 スペレ ポリミミガッサ3騎突(さかさ) [最高1787]

 

 S5最終盤(4日間)で使用した構築です

f:id:Katu2ou:20170911164805p:plain

 ↑勝率はだいたいの値

 


ポリミミガッサとは

 

ポリ2とミミッキュでトリルを展開して珠最遅ガッサでボコボコにする単純明快なトリル構築です。
さかさ3騎突界最強の並びです(自分調べ)。
詳しくは下のページからどうぞ。

 

 

katu2ou.hatenablog.com

 
個体紹介

 


ポリゴン2@進化の奇石

 

 

 

f:id:Katu2ou:20170910141407j:plain

 

控え目/ダウンロード
191-×-111-160-128-77
トライアタック/シャドーボール/自己再生/トリックルーム

 

トリル展開役その1。トリルでおなじみHCポリ2。
個体は本気パーティの方と同じものを使用した。
圧倒的な耐久力から、トリル発動役としては最適なポケモンだと思っている。


トラアタは一致かつ2割で追加効果を引ける優秀な安定技で、シャドボはメガガルーラやポリZなどの対ノーマルに少しでも負担を与えられるようにと思い採用した。トラアタは、ガッサが相手にしづらい岩にも抜群で入るのがまた良い。
ダウンロードでCが上がると、コケコをトラアタで8-9割削る程の高い火力が出るため、トリル+こいつの攻撃だけでパーティを半壊させたこともあった。


コケコテテフジャロなどの挑発にさえ気を付けて動かせば、確実に役割を発揮してくれた神ポケモンだった。

 


ミミッキュ@ゴーストZ

 

f:id:Katu2ou:20170911194030j:plain

 

勇敢/化けの皮
162-156-100-×-126-90
シャドークロー/じゃれつく/呪い/トリックルーム

 

トリル展開役その2。化けの皮によって、安全にトリルを展開することができる。

残りの2匹が突破しにくい対ノーマルをシャドクロZで落とすことができるのが強く、化けの皮を盾にメガガルを始めとするさまざまなノーマルタイプのポケモンをボコしてきた。また、ノーマルタイプの選出に対する圧力もかけていて、ガルーラ以外のノーマルタイプの選出率が低かった気がする。

 

霊毒鋼への打点となるじゃれつく・トリルと合わせて起点回避かつ安全に早くキノガッサを降臨させられる呪いを採用。

呪いは、対面でガルーラを処理できるようになる(猫騙しを透かせるようになる)守るとどちらにするか悩んだが、使い慣れていて、有効な場面も多い呪いにした。あと影打ちも欲しい()

 

耐久力は、Hに振ったことでまずまずのものとなっているが、ノーマル竜虫など、さかさでメジャーなタイプが弱点であるため、この耐久力が発揮された場面は残念ながらあまり無かった。(ポリ2のトラアタ位なら耐えるけど)

 

 

キノガッサ@命の珠

f:id:Katu2ou:20170911202254j:plain

勇敢/テクニシャン

167-200-100-×-81-68

種マシンガン/マッハパンチ/剣の舞/キノコの胞子

 

トリルエース。さかさでのトリルエースとしては間違いなく上位の立ち位置にいると思う。

 

さかさでは草と闘の通りが良く、どちらも一致+テクニシャン+珠で圧倒的高火力を叩き出せるので、攻撃技を種マシンガンとマハパンのみにした。岩石封じを剣の舞に変更し、マハパンでの抜き性能を高めようとしたが、そもそも積めるチャンスが少なく、はっけいを入れる方がいい気がした。(サイコフィールド対策)

ちなみに、種マシンガン一発の火力指数は14625。弱点を突けばほとんどの場合二発で落ち、三発で特化メガバシャーモのフレドラ並みの火力が出て、四発でガブが等倍なのに落ちるほどの火力。少々命中回数の運依存ではあるが、最高にロマンがある。

とある時、受け出しで出てきたポリ2に種マシンガンを五発当てて瀕死寸前にしたこのガッサは英雄である。

 

耐久力は能力値を見てもらえれば分かると思うが、珠ダメと相まってただただ足りない。攻撃を受けない前提で立ちまわるしかない。ガルーラ対面で言うと、不意打ちが抜群で入るのもつらい。

なお、胞子を使えば眠りターンゲーにも持っていける。正直こいつの胞子と種マシンガンの自覚次第でどうにでもなる。

 

 

基本選出

ポリミミガッサ・・・ポリ2から出す。トリル下ミミッキュでないと処理しにくい相手が多かったので、基本はこれ。相手のパーティにガルーラヘラクロスがいた場合は即決でこれ。

 

・ポリミミガッサ・・・ミミッキュから出す。相手のパーティにゴチルゼルがいた場合ぐらいにしか適用されない。

 

・ポリミミガッサ・・・ガッサから出す。構築のコンセプトに反した選出方法なのでまずなし。例外もなし。

 

 

苦手な相手

メガガルーラ・・・グロパン持ってなかったり、ダウンロードでCが上がったりすればワンチャンあるが、そうでないとかなり厳しい立ち回りを強要される。耐久振りはほぼ無理。

 

キノガッサ・・・全員準速キノガッサより遅いので、初手で出てこられたらほぼ勝てない。

 

・ガッサで突破しにくい相手・・・草食持ちや、ウェポン2つを両方半減してくる奴(単岩やトドセルガなど)など。ポリ2やミミッキュでも突破しにくいとなると勝利は厳しい。

 

・挑発持ち全般・・・トリル展開ができないとガッサを動かすことができないため。特にテテフはきつい。

 

 

 

 遊びで使っていたら意外と勝てたので記事にしてみました。環境からガルーラが居なくなれば上位に行くことも可能だと思います。

 

 ↓この構築での最高レート

f:id:Katu2ou:20170912185538j:plain



 ↓ 本気で作った方のパーティの構築記事です。

katu2ou.hatenablog.com