Katuのポケモン対戦部屋@ガッサ

ポケモンSM対戦についてあれこれ書いていくブログ  嫁ポケはミミッキュです。 今年中にレート2200行きたい。

S3シングル ポリミミガッサ+獣王inトリル [最高2143]

 ↑埋め込みリンクの消し方が分からない・・・

 

 

・前書き

 

 こんにちは、Katuです。前回の「ポリミミガッサ構築」の記事(下リンク)で簡潔に記したシーズン3の構築を、選出やダメージ計算などを含めて詳しく紹介しようと思います。

 

 

katu2ou.hatenablog.com

 

f:id:Katu2ou:20170718212638p:plain

 

 

・コンセプト

 

ポリゴン2ミミッキュでトリルを展開して、火力のある珠ガッサか技範囲の広いニドキングでばばーっと攻めてく隠しトリル (要約力皆無)

 

 

・個体紹介

 

ポリゴン2@進化の奇石

 

f:id:Katu2ou:20170718204318g:plain

 

控えめ H244 B4 C172 D84  ダウンロード

191-×-111(166)-161-126(189)-80

トライアタック/冷凍ビーム/シャドーボール/トリックルーム

 

 

トリル始動要因その1。奇石のおかげで高水準の耐久力を誇る。

 

キノガッサは耐久力が低く、積み技もないので、サポートしたとしてもキノガッサが全抜きするのは難しい。そこで、自分でも殴りに行けるHCベースダウンロード型にした。Cが上がった時の技の威力は侮れなく、ミミッキュと2匹のみで勝った試合も多かった。

その分耐久力は落ちるが、物理は特化パルシェンのA↑2つららばりを、特殊は特化カプ・テテフのフィールド下サイキネZをそれぞれ耐える程度の耐久はあるので、基本弱点を突かれない限り安心してトリルを発動できる。

 

技は、トライアタック・トリックルーム・冷凍ビームまでは確定。あと一枠については、めざパ炎・10万ボルト・シャドーボールなどがあるが、重いギルガルドミミッキュに打点を持つことができ、他に比べて汎用性も高いシャドーボールを選んだ。

ちなみに、トライアタックは追加効果を2割で引く隠れた強技である。回数を稼いで無理やり耐久型ポケモンを突破することもできる。

 

基本的に先発であるが、高火力格闘勢の攻撃はほぼ耐えられない(ex.特化バシャの飛び膝蹴りで31.3%の乱1)ので、そのようなポケモンが先発に出てきそうな場合などはミミッキュから出した。

 

 

ミミッキュ@ゴーストZ

 

f:id:Katu2ou:20170718204408g:plain

 

勇敢 H252 A252 D4  化けの皮

162-156-100-×-126-90(最遅)

シャドークロー/じゃれつく/†呪い†/トリックルーム

 

 

トリル始動要因その2。化けの皮のおかげで安定してトリルを発動することができる。

 

S種族値96というスピードでトリルパに組み込むのは無理があるとは思ったが、化けの皮はやはり魅力であったため最遅で採用した。アシレーヌテッカグヤなどのSに振っていない60族近辺にはトリル下で上をとられてしまう。

 

構築が鋼にかなり弱いため、少しでも打撃を与えられ、かつ呪いZでHPを回復できるゴーストZとした。(メガ)メタグロスに打点を持てるが、総合的に見るとフェアリーの方が良い気もする。

 

呪いによって、相手に負担をかけつつ自主退場でき、重い鋼にも安定したダメージを与えられる。また、マジガピクシーに繋がないバトンパやオニゴーリに対しても役割を持てるのが強み。

 

ミミッキュというと紙耐久のように感じるかもしれないが、H55-B80-D105と、Hに振ると割と耐久力があり、物理は高火力鋼勢のバレパンを、特殊はテテフのフィールド下サイキネそれぞれ耐える。

 

 

キノガッサ@命の珠

 

f:id:Katu2ou:20170718204446g:plain

 

勇敢 H252 A252 D4 テクニシャン

167-200-100-×-81-67(最遅)

種マシンガン/マッハパンチ/岩石封じ/キノコの胞子

 

まさかのトリルアタッカーその1。初見ではまずバレない。S実数値67は無振り50族より遅く、ほとんどのポケモンをトリル下で上から叩ける。(1回ペリッパーにトリル下で上を取られた)

 

持ち物を珠にしたのは、突破力と胞子の使用の両立を求めたからである。以前は鉢巻を使っていて、珠に比べて多くのポケモンを確定で処理できるが、技の変更が不可能という不自由さとやっぱりガッサといえば胞子という感覚から、珠にした。

 

攻撃力が落ちるとはいえ、テクニシャンが相まって火力は高く、マハパンで多くのナットレイを確定二発にしたり、種マシンガンで抜群を取れる相手なら大抵乱二以上を取れたりする。受け出しマンダを読んで岩封を撃てば、威嚇込みで2/3前後入る。岩4倍勢に対してはまず確一を取れる。詳しいダメージ計算は下記参照。

 

耐久力は、珠ダメージも相まって低めだが、交換出しも半減技に合わせて出せば大抵大丈夫である。

 

「珠ガッサ」と「最遅」が強烈な初見殺しであり、相手は大抵テンプレガッサ(襷準速または最速)に合わせた行動を取ってくるため、その行動を意識した動きが出来れば強い。

 

 

ニドキング@気合の襷

 

f:id:Katu2ou:20170719222901p:plain

 

冷静 H236 C252 D20 力尽く

186-×-97-150-98-81 (最遅)(D>B調整)

ヘドロウェーブ/大地の力/火炎放射/冷凍ビーム

 

まさかのトリルアタッカーその2。技・持ち物とともにメジャーなものだが、なんと冷静。

Sが85で、火力もトリルアタッカーとしては無いこのポケモンをトリル運用しようと考える人はなかなか居ないだろう。

だが、全ポケモン随一の技範囲と、全技が力尽く対象であることから、種族値では考えられないようなダメージを与えられ、なおかつ役割対象の多くがS252振りのニドキングより速いため、トリルでの運用も可能なのではないかと考えた。

 

役割対象は、自身より速くて、いずれかの技で確一を取れる相手全般である。詳しいダメージ計算は下記参照。珠ではなくても十分な火力が出る。

 

持ち物は、襷と達人の帯で悩んでいたが、万が一トリルが切れた時や、トリルが上手く発動できなかった時、トリルターンを稼ぐために無理矢理交換出しをする時のことを考えて襷にした。

しかし、パーティの面子から非常にステロを巻かれやすかったので、帯でもいいかもしれない。襷が無くても、特化メガボーマンダ地震やC252カプ・レヒレの波乗りを耐えるくらいの耐久力はある。

 

シーズン3では、ニドキングぶっ刺さりなコケコランドグロスが流行ったりしていたおかげでそこそこ選出機会はあったが、基本はニドキングではなくガッサを出す感じだった。

 

 

リザードンリザードナイトX

 

f:id:Katu2ou:20170719223029g:plain

 

意地っ張り H140 A252 S116

171-200-131-×-105-135(メガ後)

逆鱗/ニトロチャージ/身代わり/剣の舞

 

見せポケ枠かつ受けル処理その1。コケコと合わせてカグヤを、ニドキングと合わせて飛行タイプでない耐久鋼を抑制する。

 

見ての通り、受けルに特化した構成である。起点にできそうな相手が出てきたら(ドヒドイデやラッキーなど)毒を入れられないように出し、身代わりを張って剣舞ニトチャして逆鱗で全抜きを狙う

全抜き態勢を整えるまでにまでにやることが多いため、毒を入れられずに抜くにはある程度択ゲーを制する必要があるのが難点。

態勢を整えれば最強だと思う(経験論)

 

また、前述の4匹では対処が困難な相手がいる場合(フシギバナなど)、こいつで無理矢理突破することを考えることもある

 

 

カプ・コケコ@カプZ

 

f:id:Katu2ou:20170719223110g:plain

 

臆病 H124 C132 S252

161-×-105-132-95-200

自然の怒り/10万ボルト/挑発/マジカルシャイン

 

見せポケ枠かつ受けル処理その2。 頼りないが一応睡眠対策。努力値振り・技が適当なので、改良の余地あり。

 

挑発で回復や毒を封じつつカプZで体力を削っていく。それだけ。それだけだが、相性に関係なく(ヌケニンを除く) HPを1/4までに削れる点・リザXに繋いでニトチャで起点にできる点は強い。

 

受けルを使う側からは、リザードンほどは警戒されないので、ある程度は決まりやすい。受けル以外の相手に出すことはほとんど無かった。

 

 

 

・選出方法

<ポリゴン2 ミミッキュ キノガッサ>

基本はコンセプトであるこれ。8割以上はこの選出だった。

ポリ2が一撃で持って行かれそうな相手がいたらミミッキュ初手選出を検討する。それ以外はポリゴン2から出す。出来るだけぶれずにこの選出をすることが勝利を収めるコツ。

 

<ポリゴン2 ミミッキュ ニドキング>

ニドキングの役割対象が相手のパーティーに多く(4-5匹以上が目安) 、ガッサだと相手しにくい時のみこの選出で行く。

 

<ミミッキュ リザードン カプ・コケコ> 

対受けル用。ミミッキュの呪いは、リザのサポートとなる(単純にHPを減らしたり、エアームドの頑丈を無効化できたりする)ので、一緒に出す。

 

この3つで97%位は選出している。ポリ2・ミミッキュ・ガッサ・ニドキングのどれでもきついポケモンがいた場合は変則的に別の選出で行くこともある。

 

 

 

・トリルアタッカーの火力指標

 

<キノガッサ>

マッハパンチ(火力指数23400)

 →B4マンムーを75%の高乱1

  メガルカリオドリュウズをH252まで確1

  HB特化ナットレイに48.6~60.2%

  H4メガガルーラに83.4~98.8%

   H244メガガルーラに71.5~84.8%

 

 種マシンガン(1発の火力指数14625)

→B4カプ・コケコに35.8~42.7%

 B4カプ・テテフに38.6~46.8%

 H252カプ・レヒレに48.5~57%

 H4ミミッキュに41.9~50.3%

 H252ニョロボンに48.7~59.3%

 B4ガブリアスに26.2~31.4%

 

 岩石封じ(火力指数23400)

  →メガリザードンYウルガモスをHB特化まで確1

   B4メガリザードンXを31.3%の乱1

   H244ボーマンダ(威嚇込)に58.2~69.6%

   H4カイリュー(マルスケ非考慮)に60.4~73%

 

 

 <ニドキング>

 

 ヘドロウェーブ(2倍抜群の火力指数 55575)

  →H4カプ・テテフ・カプ・コケコを確1

   H244D4ジャローダをギリギリ確1

   H244カプ・レヒレに80~96%

 

 大地の力(2/4倍弱点の火力指数 52650/105300)

  →H252D4ギルガルド(シールド)に69.4~83.8%

   H252D4チョッキヒードランを確一

   D4メガメタグロスを93.8%の高乱1

 

 冷凍ビーム(2/4倍弱点の火力指数 35100/70200)

  →HD特化グライオンを確1

HD特化メガボーマンダを6.3%の低乱1

   H252ラティアスに48.1~56.6%

 

 火炎放射(4倍弱点の火力指数 70200)

   H252ナットレイを確1

   HD特化ナットレイに79.5%~95%

   H252メガハッサムを確1

 

 

 

・重い相手別行動マニュアル

 

 後日記します。

 

 

 

・後書き

 

 記事を書いていると、かなーりテキトーなパーティーであることを思い知りました。見せポケ枠・努力値の振り方・持ち物その他もろもろ改良の余地は十二分にあるので、使ってみたい方は考察して頂ければもっと良い組み合わせができるのではないかと思います。

S3-4シングル ポリミミガッサ構築の紹介

f:id:Katu2ou:20170718212638p:plain

 

 

前書き

 

はじめまして。Katuというニックネームでポケモンシングルレートに潜っている者です。シーズン4もシーズン3に劣らず人が少なかったですね・・・ ウルトラサン・ムーンが来たらまた増えるのでしょうか・・・

今回は、2シーズンに渡って使い続け、シーズン3でレート2100を達成した、隠しトリル軸であるポリミミガッサ構築を簡潔にに紹介します。なお、シーズン3のパーティーについては、後で個別に記事を書く予定です。

 

f:id:Katu2ou:20170718204235j:plain

 

構築完成までの経緯

 

 ふと鉢巻キノガッサ火力の高さに気づき、惚れ、使いたくなった。

 

→S70なら、最遅トリルで無双できそうなことに気付く。

 

ポケモン対戦シュミレーションサイト「showdown!」の存在を知り、鉢巻キノガッサ入りトリパを色々と作ってみることに。

 

→いろいろなトリル発動役を試していった結果・・・

 

ポリミミガッサの完成!!

 

 

個体紹介

 

ポリゴン2@進化の奇石

 

f:id:Katu2ou:20170718204318g:plain

 

控えめ H244 B4 C172 D84  ダウンロード

191-×-111(166)-161-126(189)-80

トライアタック/冷凍ビーム/シャドーボール/トリックルーム

 

トリル始動要因その1。奇石のおかげで高水準の耐久力を誇る。

 

キノガッサは耐久力が低く、積み技もないので、サポートしたとしてもキノガッサが全抜きするのは難しい。そこで、自分でも殴りに行けるHCベースダウンロード型にした。Cが上がった時の技の威力は侮れなく、ミミッキュと2匹のみで勝った試合も多かった。

 

技は、トライアタック・トリックルーム・冷凍ビームまでは確定。あと一枠については、めざパ炎・10万ボルト・シャドーボールなどがあるが、重いギルガルドミミッキュに打点を持つことができ、他に比べて汎用性も高いシャドーボールを選んだ。ちなみに、トライアタックは追加効果を2割で引く隠れた強技である。回数を稼いで無理やり耐久型ポケモンを突破することもできる。

 

Dは、控えめカプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシスを、最大乱数×2以外耐えるように調整した。もちろんエスパーZも耐える。

 

基本的に先発であるが、ルカリオバシャーモなど、ポリゴン2を一撃で落としてきそうなポケモンが出てきそうな場合などはミミッキュから出した。

 

 

 

ミミッキュ@ゴーストZ又はフェアリーZ

 

f:id:Katu2ou:20170718204408g:plain

 

 

勇敢 H252 A252 D4  化けの皮

162-156-100-×-126-90(最遅)

シャドークロー/じゃれつく/†呪い†/トリックルーム

 

トリル始動要因その2。化けの皮のおかげで安定してトリルを発動することができる。

 

S種族値96というスピードでトリルパに組み込むのは無理があるとは思ったが、化けの皮はやはり魅力であったため最遅で採用した。アシレーヌテッカグヤなどのSに振っていない60族近辺にはトリル下で上をとられてしまう。

 

重い鋼に負担をかけられ、ゲンガーやカプ・テテフを確実に処理できるゴーストZと、大体のルカリオを一撃で落とせ、ガルーラやドラゴン全般にも打点を持てるフェアリーZのどちらにするか決め難かった。パーティーの残りのポケモンと相談するといいと思う。

 

呪いによって、相手に負担をかけつつ自主退場でき、重い鋼にも安定したダメージを与えられる。また、マジガピクシーに繋がないバトンパやオニゴーリに対しても役割を持てるのが強み。

 

ある程度の物理耐久をもって、メガルカリオ・メガハッサムメガメタグロスのバレパン程度なら耐える。

高い特殊耐久をもって、リザYの晴れ文字を耐えた武勇伝あり。

 

 

キノガッサ拘り鉢巻→命の珠

 

f:id:Katu2ou:20170718204446g:plain

 

勇敢 H252 A252 D4 テクニシャン

167-200-100-×-81-67(最遅)

種マシンガン/マッハパンチ/岩石封じ/馬鹿力→キノコの胞子

 

まさかのトリルエース。初見ではまずバレない。S実数値67は無振り50族より遅く、ほとんどのポケモンをトリル下で上から叩ける。(1回ペリッパーにトリル下で上を取られた)  実際はS逆Vを粘るのが面倒で実数値68になってました

 

テクニシャン鉢巻種マシンガンの火力はえげつない。2発でカプ・ブルル以外のカプ族を落とし、3発で皮をかぶった状態のH4ミミッキュを高乱数で落とす。

5発の火力はあの6世代のA特化メガガルーラのA+2捨て身に匹敵する。

 

マッハパンチの火力が先制技レベルではない。なんとH4メガガルーラを2/3以上の乱数で落とす。格闘が弱点のポケモンは大体1発で倒すことができ、ナットレイのような耐久ポケモンも2発で仕留める。

 

Hに振ってあるとはいえ、耐久面において心もとないので、半減技に合わせて出したりしないと沈みかねないのが難点である。

 

鉢巻だと技を変えられないのが大きな欠点であり、対戦を重ねていくにつれて使いにくさが露呈してきたので、途中から珠にチェンジした。

カプ族を2発で落としきれなくなったりと火力の低下が目立ち、実質的な耐久力も落ちたが、相手によって技を変えられるようになり、そして何よりもキノコの胞子を使えるようになったことが大きい。

これによって鉢巻では相手にできなかったポケモン(メガクチートメガメタグロスなど)に勝ち筋を作り出すことが可能となった。自分は珠の方が好きだ。

 

キノガッサの持ち物のほとんどは襷か毒々玉であるため、鉢巻ガッサや珠ガッサはまず読まれない。襷前提で行動してくる相手が多く、幾分かアドバンテージが取れた。

襷以外では相手が勝つ(襷だったら相手が負ける)場面で相手が降参してきたこともあった。

 

また最遅というものも相手としては予想外であり、トリル下対面でユキノオーが引かずに撃ってきた礫より先にマッハパンチを撃って勝利したこともある。

 

 

パーティーの変化

 

<シーズン3前半>

Showdownでいろいろとパーティーを作っていた。最も結果を残したのは以下の面子で、瞬間レート1682(全国5位)を取れた。この頃のガッサは鉢巻ガッサだった。リザードンはY。ドサイドンは、トリルがあってもなくても活躍できるように、ロックカットを採用。

コンセプトは「偽装ポリクチ」(ポリクチ内にミミッキュキノガッサはよく入っている)

 

f:id:Katu2ou:20170718204556p:plain

 

<シーズン3後半>

ガッサを珠ガッサに、リザードンをXにしてパーティーを完成させた。

ニドキングは襷最遅で、ガッサと同じくトリルアタッカーとして運用した。(相手によってキノガッサニドキングのどちらを出すか選んだ) 最近ニドキングが増えてきているらしいが、この頃からニドキングは環境に刺さっていた。

コケコはガッサ選出抑制役。コケコとリザードンで重い鋼(特にテッカグヤ)の選出を抑制した。なお、どちらも受けループ対策に特化している。

レート2143(瞬間8位)を達成。

 

f:id:Katu2ou:20170718204730p:plain

 

<シーズン4>

ポリミミガッサの並びはそのままに、ニドキングニドクインを両方入れたニドニド構築や、バシャボルトランドを投入した構築を作ったが、シーズン3ほど成果は上げられなかった。

 

f:id:Katu2ou:20170718204857p:plain

 

f:id:Katu2ou:20170718204913p:plain

 

 

パーティーの強みと弱み

 

<強み>

・前述の通り圧倒的初見殺しパなので、戦ったことのない相手に対しては強い。(隠しトリルパの長所)

・トリル発動役のスペックが優秀で、トリルの読みにくさも相まってほぼ確実にトリルを成功させられる。

・苦手な相手に対しても、呪いや胞子や技の追加効果などである程度ごまかしがきく。

 

<弱み>

・初見殺しパなので、一度戦った相手とは戦いづらい。

・苦手な相手が多すぎる(鋼全般・モロバレルなど、ガッサが突破しづらい耐久ポケモン、超鈍足ポケモンなど)

・壁パなどに対する答えがない。(一部の戦術には滅法弱い)

・相手の動きを読むとともに、トリルのターン管理もしなければならないので、普通のパーティー以上に頭を使う。これが雑になると負けに繋がりやすい。

 

 

後書き

 

 初めて真面目に作った構築の割には面白い構築ができ、今まで1800すら乗ったことが無かったのに一気に2100まで到達できたのは素直に嬉しかったが、まだパーティ全体としてみると欠陥が多いように思います。

僕は当分シングルでこの構築を使わないので、興味のある方は補完枠を研究してもらえると更に強いパーティーを作れると思います。

初見殺しは簡単に曲がらない勝ち筋を定められれば強いです。

 

 余談ですが、このパーティーを作れたのは、Showdown! のおかげといっても過言ではないので、皆さん始めてみましょう!(宣伝)

 

 

QRレンタルチーム

シーズン3の時のパーティです。